信頼される経理担当者になるには

 

1.     日々の現金出納帳の記帳と現金有高のチェック、毎日現金有高表をつくる。(何時でも現金有高が確認できるようにする。現金の払出で記帳がまだの場合は領収書・出金伝票を合計するとチェックできるようにしておく)

 

2.     上司から仕事を頼まれた時、出来るだけ早く対応する。

出来れば今の仕事をストップしても、依頼の仕事を先にする。

 

3.     自販機の収入・産業廃棄物等の収入を会社の帳簿に載せる。

時々、簿外にして飲食に使うことですがあります。

上司に相談して、雑収入に計上するとともに社員全員の福利厚生の一部に使うようにしたらどうでしょうか。

 

4.     月次損益を翌月中旬、遅くとも翌月20日には報告する。

そのためには、重複する仕事を無くし、今日やらなければいけないことはその日のうちにやり遂げる

5.     責任感と行動力

何事も責任感と行動力によって結果が違ってくる。物事は過程が大事ですし、結果は後から付てくる。

6.     一つ一つの改善はそんなに多くの改善にならないけれども、ちりも積もれば山となる。日々の努力が大切である。

 

私が経験したことで、本当に信頼されている経理担当者は日々の積み重ねによって信頼感・安心感を培っておられます。

まだまだ有ろうかと思いますが、気が付いたことは追加して行きたいと考えています。ご意見がございましたらお知らせください。