千葉県松戸市の鎌倉会計コラム

新松戸の公認会計士・税理士、鎌倉康裕です。 相続税・相続対策などは事前に準備できることが多々あります。 日常生活での「突然の困った!」を少しでも解決出来ればと思っております。

千葉県松戸市の鎌倉会計コラム イメージ画像

相続

 相続評価のなかで、自宅の評価には大幅な減額特例が認められています。330㎡(100坪)までの土地について、一定の条件を満たせば、80%減額されるというものです。 これは、いま住んでいる自宅をそのまま評価すると相続税の負担が大きくなり、相続後の生活に支障が出ない

最近、空き家が社会問題となっています。その大半が賃貸用住宅であったり、相続未登記の物件、または所有者不明の物件であったりします。一般的には不動産売買をすれば必ず名義変更の登記を行います。なぜ、空き家が発生してくるのでしょうか。その原因は何でしょうか。現在

相続を考える。目に見えない財産を残す。これには課税されません。それは何か。“人を育てる”世に役に立つ者になる。仕事は何でよい。あの人に任せたら安心、信頼される者になる。その仕事で一流になる。“天職”と言う事で寿司職人が話しておられました。歳は90歳ぐらいと

心豊かな徳のそなわった人となる。人は幸せになりたい、その為、良い学校に入り、良い会社に就職し、地位を得たいと一生懸命努力する。そうすることにより幸せになる人は確かにあります。そう成ったからと言って、必ず幸せになれるとは限りません。心豊かになる方が大切に思

ある時、都内の顧問先の社長から至急相談があるのでと来所された。それは、私は膀胱癌になって来週入院するのです。今回が2回目の為、もう少しで死ぬかもしれない。実は、私は再婚で子供がありません。前の奥さんとの間に子供がおりますので、相続となれば、その子供にも財産

後継者の育て方私が昔務めていた会計事務所でのお話。ある時、大学卒業して間もない新入社員がおりました。聞くと、無報酬(こずかい程度の給与)で働くとのこと。3年間の契約。その間に、貸借対照表・損益計算書の数字の読み方を習いたい。当時はそろばんで計算していた時代

↑このページのトップヘ